斎藤のブログ

twitterで書くと長くなりそうなものをブログで書きます

斎藤流NBCハングオン

①まずはキラーを引ける位置を覚えます

②キノ3もしくはスター裏にキラーを引きます

③前に行って3-2付近からキラーを入れます

④勝ち

 

というわけにはいかないとは思うので、個人的に意識してるところを。

①S字の処理

②バクスナポイント

③打開

以上の3つです。それぞれ解説をば。

 

①S字の処理

TAをやってくれとは思いますが、特にコインの取り方と押されない曲がり方は

覚えていたほうがいいと思います。

最近J君のためにNBC stratみたいなタイトルの配信をしていましたが、

あれでいろいろ試しながら走ってました。

基本的に押されるのはターボ開放前=ドリフト中が多い気がします。

なので、インはつきすぎず余裕をもって少し右側からターボを解放してたりします。

言葉では説明しづらいですが、TAやってる人から言いますと、

リボンのNISCの処理をS字でやる。

以上です。

リボンのNISCの処理?どういうこと?って人はTAしてください。慣性的な話です。

 

②バクスナポイント

前を張ってても勝てます。むしろ僕はよく棘で死にます。悲しいけどね。

覚えてほしい箇所は

a.1つ目のアイテム後の屋内の道

b.2つ目のアイテム交換

c.S字前の直線

d.1つ目のアイテム前

この4か所すべてで当てれたら前張りはできます。

 

③打開

基本的にコイン改修とセットになります。

前提としてコインを集めながら距離の調整をし、キノ3orスター裏キラーが完成したらすぐに前に行きます。

基本的に止まってアイテムを厳選するんじゃなくて、普通に走りながらマップとにらめっこしてアイテムを割ります。理想は2-3スター割→キノ3キラーです。

ちなみにですが、キラーは3週目で引くのではなく、2-3までに引きます。2-3ボックス2個で引けなかったらあきらめて前に行きましょう。

 

以上です。参考になるかわかりませんが、まとめると

①ターボ開放は早め早め

②やられる前にやれ

③欲しいアイテムを狙って引け

こんなもんですかね。

 

 

追記:FBとブメ緑3を見たらグライダー中に左に行きます。

被弾を避けつつそこまで距離は縮められないからおすすめだよ。

上がり方は車体を崖にひっかける感じです

ミュートシティのNISCを書こうかと

書こうかと思ったんですけど、なんだかものすごく眠たいんです。寝て、いいですか?

 

このような状態なので、必要最低限のことだけ書きます。

 

まずは以下の動画を見てください

 

www.youtube.com

 

見てください。以上です。

 

というのは簡単なので、上の動画を見てもうまく飛べないよ~

って人は最後のほうに僕がNI練習してた動画があるので、それを参考にすればいいと思います。あの動画は解説動画ではなく、配信のタイムシフトなので、音楽を聴きながらダラダラ一緒に練習していけばいいと思います。

 

※あくまでもこれから書いていくのはNISCの理論的な話です。

 

ミュートシティのNISCにおいて課題だったのは、

 

そもそもJAすら出ない

↑これでした

 

とりあえず、わからないなりにえどさんが投稿した動画(上記の動画)を見て成功まで至りましたが、なんとなく成功するけど、どうしてできるのか?できないのか?を検証したかったので、いろいろ試した結果、「なんとなく理解した」ので、意識する点を書いていこうと思います。

それぞれ、

 

①ラインについて

②ダートについて

③操作について

 

この3つを順番に説明していきます。

 

①ラインについて

動画を見てもらえればわかりますけど、ラインのイメージはS字です。

ダシュボは右側→左壁手前でカーブ→ジャンプです。

ラインに関しては「見た通り走って!」で終わります。

 

②ダートについて

ここ試験範囲なんですけど、ダートっていうのは一定状態で踏むと大幅に減速してしまう性質があります。

例えばGBAマリサの半重力NIでスリストを取ったときとか、DKJのアイテム2つ目後のグライダー前のダートでスリストを取ってドリフトが消えたとか。

一応、砂漠の石柱ショトカの部分も減速が入ったりします。ヘイホーこうざんもね。

どうしてこうなるのか。おそらくはターボ中やスリスト中にダートを踏むと、すっごく減速します。

・・・ミニターボも一瞬のように見えますけど、結構持続するんですよね。。。

 

逆に、ターボさえ切れていれば減速しすぎないということになります。

つまり、MT解放で飛ぶんですけど、着地時にはターボが消えてないといけない。開放タイミングのイメージは床の変わり目です。

 

③操作について

数行前に床の変わり目でターボ開放と言いましたが、飛ぶタイミングはそこではありません。タイミングとしてはダートを飛び越えるために結構ぎりぎりを責めないといけません。

ですが、ターボ開放とジャンプするまでにほんの少しだけ隙間がありますよね。それが一番大事~です。

カーブの切り替えしってターボ開放後すぐにジャンプしてドリフトを切り替えるじゃないですか?ミュートではそれをしたらダートに引っかかってJAすら出ないんですよね。多分ですけど。

切り替え時の操作は

ターボ開放→すぐにRボタンでジャンプ→ドリフト

になってると思うんですが、一瞬アクセルのみの時間を作ってください。

ニュートラルの時間です。スティック操作を一切しない状態)

そうして飛ぶとあら不思議!JAが出ます!

 

ここまでの3つを意識して進めていくんですが、最終的なまとめとしては

 

ある程度ラインを作った後に、なんも考えずに早めにJA解放して、ニュートラル状態で飛んでみよう

 

以上、頑張ってください。

 

最後に。

ブログで描いている内容は結構まとめた内容になってますけど、ちょっとイメージしずらいな?って人は僕が昨日練習しながらいい例と悪い例をしゃべってた配信があるので、それを見るのもありかもしれません。一応リンクを張っておきます。

 

www.youtube.com

 

 

 

日本酒(獺祭メイン)

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 社会人初の冬期休暇。いろいろありました。

 

 帰省して地元の雰囲気を懐かしみつつ行きつけの店に行って昼ごはん食べたり、タクシーを使わずに家に帰ったりしました。無性に歩きたい気分だったし。

 

 身内が新しい命を授かって赤ちゃんを抱かせてもらいましたが、何か自分が持ってなかった感情も授かった感じで新鮮な気持ちでした。重さだけがまだ腕の中にあります。

 

 そしてオフ会もまさか京都の宿に泊まることになるなんてマリカを始めたころは絶対あり得ないだろうって思うようなこともあったし、顔を合わせながら交流戦なんてもってのほかだろうなって思いました。頭痛があったのに酒飲んでマリカしたせいでトイレで吐くなんて経験も初めてでしたね。頭痛薬は携帯しておこう。

 

 前話はここまでとして。

 一人暮らしを始めてからお酒を飲まなくなりました。

 日本酒はそもそも鍋とか和食とセットでしか飲まないし、ビールは親が買ってたのがあったから飲んでたし、ウィスキーは実家に置いてるし。

 そんなお酒。今回は日本酒ですけど、運がいいのか日ごろの雑談のおかげか、会社で獺祭をもらったんですが、結構量が多くてですね。正月は結構飲んでたんですよ。

 そんな獺祭。1.8Lで1万円を超えてくるのだからおいしいに決まっていたはずなんですが、飲めば飲むほど飽きてくるんですよね。なんででしょうかね。

 日本酒って温度と鮮度がものすごく大事なお酒で、日本酒それぞれに適した飲み方もありますし、何より日本酒は結構いろんな味があります。

 こと獺祭に限っては香りが甘い香り(なんか酒を片手に持ってるおっさんというよりは両手で抱えるように持ってるお姉さんって感じ)で、くちどけもスっとしてます。飲み込むときも流れるように喉の奥に流れていく感じで、いかにも「飲みやすい」という言葉がふさわしいと思います。

 ただ、字面だけ見れば素晴らしいのに、日本酒に通な方は

「獺祭は日本酒じゃない」

というらしいです。

 僕は日本酒を見れば産地を見ながら日本全国のお酒を制覇したいなって思ってる最中な程度の日本酒好きですが、結構合う酒と合わない酒があります。

 あくまでも僕に会う酒は前述のとおり、鍋とか和食に合う酒なんですよね。

 鍋含め暖かい食べ物には辛めの酒を(特に冬に出てくる新酒は鍋にものすごくアイマス}。野菜メインの和食には和食の味を邪魔しない程度の香りがあるすっきりとした酒を。刺身だと酸味がある酒が美味しかったりします。

 

 獺祭は・・・個人的には単体でワイングラスに注いで飲むお酒かなって思います。

 あくまでも個人の主観であり、一升瓶(1.8L)が冷蔵庫に入らず冷え切らない獺祭を飲んでしまったというのもあるとは思います。ああいう香りが強いお酒は絶対に冷えてるほうが美味しいし。

 ただそうですね。高すぎるお酒というのは酒の主張が強すぎて逆に料理に合わないのかもしれません。久保田(新潟)も高い萬壽よりもお手頃な千寿のほうが美味しかったです。

 

 日本酒は目的に合った種類を。個人経営の居酒屋とかだと日本酒にもこだわりがあるらしい(百貨店で買い物してた時に居酒屋の店主の人と話してました)ので、飲み放題とかじゃない店に行って店の人に聞いてみるのもいいと思います。

 

 案外アルコール度数が高いので飲みすぎないようにね。

セクシーギャルズ

ギャルとはなんぞやと

 

 こんにちは、斎藤です。

 今朝のTLでとある女性Pとやらが

「最近のデレステはけしからん!」

的ことを言ってたレビューを取り上げたツイートが流れてきました。

その中でセクシーギャルズのメンツがコミュの中でかな?イベント衣装かわからないですけど、肌色成分が多い水着を着ていたか知らないですけど、なんかそれが不満だったらしいです。

「ギャルじゃなくてビッチみたい」

とか

「歌詞が古臭くて歌ってる本人たちはうれしくない」

とか言ってるわけです。

 

・・・いや、知らんがなと。

 

すみません。実はコミュまだ見てないからわかんないんです。

ただ、最近ツイッターで見るフェミグランドドラゴンさん達はすぐに全体の意見を代弁しますから、他人がそう思ってなくても自分がそう思ってるからとまるで神のような存在に昇華してるんですよね。この人がフェミかはわからんけど。

 

さて、そんな話題から僕が思ったのは

「ギャルとはなんぞや」

という話なんですね。

 僕が考える一般的なギャルとは大抵ヤンキーの女版みたいなイメージがあります。

別に悪いことをしてるわけじゃないです。イメージ的な話です。

 昔のギャルと言えばどこまで年代をさかのぼっていいのかはわかりませんけど、例えば黒ギャルというのが昔は存在してました。

 あんなんどこがいいんだよ~って思ったりするわけですが、その当時はそれがトレンドだったんでしょう。トレンドです。流行していた。

 あとは話し方とか化粧とかもありますが、それがギャルであるというのは少し疑問を感じたりしなかったりします。

 

 結局のところギャルって何なんだ?

 

個人的な結論としては

「流行好きでミーハーな背伸びがしたい女の子」

ってイメージです。

 

ここからデレステに帰ってきます。

 

 僕が愛してやまない城ケ崎美嘉は本人がカリスマJKを目指しててかなりおしゃれにも気を使ってたりします。かつギャルです。ガングロ卵ちゃんではないです。

 

 唯に関しては美希と同じ波動を感じてたのと一生your listening to Radio happyしたいぐらい可愛いと思ってます。制服唯最高やで。

 

 りなぽよに関しては炎陣が結構好きでしたが、あんまり人気がなかったのかなという印象。セクシーギャルズで3人のつながりがあることは知ってた。

 

 そんな3人のギャルなんですが、方向性はどこに向いてるんですかね。

 例えばお気に入りのファッション雑誌を読んだり流行のタピオカとかを買いに行ったり、ショッピングを楽しんだり。あとはしゃべり方とか性格が結構明るい。

 あとは見た目とか服装とかもデザインの意図としては明らかにギャルに寄せてると感じます。

 

 では、なぜ彼女たちがギャルであり、セクシーになのか。

 言葉にとらわれるとその人それぞれの年代とか価値観によって左右されると思うのであくまでもデレステ内から見たという前提で考えると

 

「大人の魅力で周囲の視線を集めたい年頃の女の子」

 

これが彼女たちなんじゃないんですかね。

男はずっと少年で居たいし、女は大人になりたいんですよ。多分ですけどね。

別にセクシーすぎてごめんねしてるわけじゃないです。

歌詞の中でも言ってるじゃないですか。マセた女子の最強形態って。

ギャル的思考は生まれつき。セクシーは浴びたり纏うもの。本当は乙女。

 

それでいいと思います。

創作の世界は現実とは違うんです。むしろ僕たちはパラレルワールドの観測者。オントロジーです。

 

 最後にMVのスクショ張って終わります。お疲れさまでした

 

 

 

 

週刊少年ジャンプ

昔は・・・とはいっても中学や高校前半ぐらいまででしたが、その時にやってた深夜アニメはほとんど見るという時期がありました。社会人になった今となっては部活やってたころに比べてアニメを見る量は減りました。なぜなんですかね。

 

 

こんばんは、斎藤です。特に意味のない雑記です。

なんでこんなタイトルにしたかですが、単純に今のジャンプ連載作品についてのレビュー的なことがしたかったからです。江崎プリンのアニメ感想的なものです。

 

皆さんはジャンプを読んでいますか?僕はなんやかんや中学のころからずっと読み続けていますが、最近になって読まない作品が出てきました。どうしてですかね。

 

俺のお父さんが読む作品全然ない~って嘆いている横で全掲載作品読んでた頃の自分は今になく、一部の作品は飛ばしてみるようになりました。

 

例えばそれがサムライだったりシノビだったりするわけです。何でですかね。

 

僕は興味あることに関してはそれっぽく説明できますが、漫画に関してはというか芸術作品に関してはどう表現すれば面白いのかというものはわかりません。悲しいね。

 

やりたいことが増えた。趣味に回す時間が増えた。いろんな理由があり複数の選択肢から外れたのがそういった読まなくなった掲載作品の出現ですが、好きな作品は絶対読んでますし楽しみにしています。

 

ジャンプに限らず週刊誌の漫画は常に人気と戦っています。

もちろんずっと長く連載されている作品に関してはモーマンタイですが、一部の作品はすぐに後ろに追いやられ打ち切られていく。そんな荒波の中で連載してるんですよね。

 

基準は何か。単純に興味を持たれなかったか面白くなかったか。枠が狭すぎたかですね。

前二つは視聴者側の基準、後者は会社側の基準です。

 

両方とも大事なのは人気です。いかに面白いか。また新連載は勢いも大事ですね。

後者に関しては大当たりを探したい会社側のことで、いい作品だけどずっと続けるなら他の作品を探したい。みたいな感じですね。事実かどうかは知りません。

 

自分が面白いと思っても打ち切りはあります。その時はすごく悲しいです。

でもあくまでも主観で客観的に見れば別に面白くない作品なら打ち切りは仕方ないですよね。会社も看板作品はあればあるほどいいですし。サイクルリサイクル。

 

今の連載作品で伸びているのはどの作品でしょう。僕はもちろんこれ「アクタージュ」

全世界の人間が読めばいいと思っています。少年漫画でいういわゆる王道展開やラブコメみたいな属性には含まれないので少し浮いた存在ですが、あくまでも凡人の自分から見た作表がそれなだけで、実を見てみれば王道みたいなことをしていたりします。

宝塚に興味を持ったのはこの作品が原因です。演技という表現に関して興味を持たせてくれた作品です。

 

今では人気になった鬼滅の刃は連載当初あまり評価がよくなかったりってことは聞きましたが、今の盛り上がりっぷりは他の作品を凌駕するほどですね。アニメすごいし。

あとはブラッククロードやヒロアカ、ハイキューなども結構新参です。多分。

他にはDr.stoneだったりネバーランド、呪術ゆらぎ荘ぼく勉もいいですね。アニメ化できる作品は総じて優秀。呪術待ってるよ。アクタージュはもっと待ってる。

 

最近ではチェンソーマンですかね。連載当初は

「俺は読むけど世間の評価は知らない」

どの作品にも言えるんですけどね。あの頃は全部読んでたので。

今では大きくなっちゃって。連載が長くなると作者が書きたいように書けるようになってくるのでこのまま頑張ってほしい。絵はゆゆゆが好きそうなきれいな絵とは全く思いませんけど、なんやかんや少年な大人たちが好きそうな漫画だと思います。

 

そういえば一つ気になるのが「ふたりの太星」という将棋作品なんですが、やっぱり将棋作品って難しいんですかね。りゅうおうのおしごとはガチさが伝わってきていい作品ですが。

 

週刊誌って短期間で限られたページ数の中面白く書かないといけないので将棋をベースにするとページがなくなると思うんですよね。

りゅうおうのおしごとは小説ですのでまとまった流れを一冊で表現できる分見えている全体の一部じゃなくてすべてを評価できます。天ちゃんはかわいい。

 

でも週刊誌だとね。見えてない全体構想の中を前から見ていくという形なので打ち切りされない範囲内でファンを獲得しなきゃいけないってのはだいぶハンデよね。

でもその中で打ち切られなかった作品は本物なのかと言われれば違う。でもあたりを見つけようとすると打ち切られる18話の終わりまで、上がるか下がるかわからない軌道に乗る前に面白くしないといけないなんて難しいよねって。

 

約10年ですか。ずっとジャンプを買って読んでますけど、何度も面白いなって思った作品が打ち切られてきました。まぁ、記憶にないですけど。

ちなみに一つだけ覚えてるのがアゴがすごい柔道の奴です。アゴがすごいかは忘れた。

あれは親父が好きだったんで覚えてます。そういえば紅葉の季節ってタイトルか忘れたけど将棋漫画も打ち切られましたね。しゃあない。

 

最後に。アクタージュは面白いのと絵がきれいなのでお勧めです。少年漫画なのに女の子が主人公でドンパチしませんが演技に関してのこだわりがすごいのかなと思います。

あくまでもコナミ感ですがね。芸術なんて素直な気持ちで見るのがいいですよ。

複雑怪奇な作品は考察すればいいと思います。それが作者の意図だろうし。

 

ふたりの太星の今後に期待します。ヒカルの碁の後釜になることができるのか。

機械ウィッチが楽しかった話

f:id:rindaiq:20190819001203p:plain

 

機械ウィッチが楽しかった

むずかしさなんてAFネメシスに比べれば断然楽なので、常に盤面の点数だけ意識しておけば勝てました。

このリストは当初プロリーグから持ってきたモニカ狂信者クラーク1枚ずつout知恵3inの構築でしたが、ラウンド2の初回で突破したときに唯一負けたミラー相手がモニカを後手で出してきたせいで負けたので悔しくて1枚追加しました。

モニカ入りリストを知らなかったので何を抜こうかと迷った結果、手札減らないどころかあふれる原因になった知恵を抜きました。

土曜日にやってたシャドバ甲子園でたぶんhasu君が使ってたのがこのレシピかな?

知恵2枚は正直穴埋め程度だったので迷わず狂信者とクラークを3枚にして決勝に凸

 

5戦目に一難はありましたがプレミしてもそのあとにミスらなければいいだけで、ずっと響いてた後手3のミスはいつの間にかひっくり返ってました。

 

結局この機械ウィッチ。もちろん毎回5ターン目にマシンブックを出せたのがよかったんですけど、実はミラーが多ければ多いほど大抵4ターン目に決着がついてました。

 

実はこのデッキ。もちろんこの狂信者クラーク3積み+モニカならいいですけど、途中で火力が足りなくなります。もちろんプレミしなければどうにかなる。

 

そりゃ機械神狂信者マシンブックみたいな動けないハンドを抱えさせられたら別ですけど、基本的に空中戦よりは盤面に何点残ってるかでその後の展開が変わります。

 

今の環境をやりこんでないのでわかりませんけど、大抵先5のカードで分岐があります。

理想はマシンブック。時点でテトラです。

さっき言った盤面の点数と火力が足らなくなる話ですが、この4ターン目で決着がつくのはここが理由で、いかにきれいにこのカードを着地させるかが勝負です。

 

ミラーにおいて一番強いのは名前を出してきたカードじゃなくてほんの小粒なフォロワーの低コスカードたちだと思っています。ゴーレムと生命体は別です。

 

後手5ターン目に一番されたくないのは必ず

「ケツ6のフォロワーがいる」

これに限ります。

それが大抵テトラなわけですが、そのテトラをつぶすために必要なのが1体でもいいからプロダクトマシーンであったりジェットウィッチであったりするんですよね。

 

先手後手のリソース含めた状況をひっくり返すのはたいてい6T目以降のゴーレムと機械神ですが、こいつらをうまく使わせないか逆にこちらが空中火力で押し切るかなんですが、なぜか機械ウィッチの空中火力(ソニックフォーメカニカル狂信者クラーク)は盤面に残ったりリソースが減らないよくわからないカードたちです。

 

こいつらをうまく着地させてやれば相手はゴーレム機械神で返しながら展開してきますが、またゴーレム機械神で返してやると相手の顔が減ってるのに盤面でもこっちで買ってるという状況が生まれます。

 

もちろん大抵この動きは逆なんですけどね。狂信者やソーサラークラークで顔を詰めるのは生命体ゴーレム地帯を抜けた先なので。

 

簡略に何を意識すればいいのかという話なんですが、一番簡単なのは誰もが知っていて当たり前にこのデッキの核となるカード。ナーフ入るかなって思ってたカードのマシンブックソーサラーなんですけど、このカードをいかに着地させられますかってだけです。

 

悲しいことにミラー3回まくって優勝したあとなので後手目線の記事ですが、大抵この小粒フォロワーの存在を大事にしとけば勝てます。盤面を返すために必要なゴーレムと機械神はたいてい引けますし、先手なら常にリソースを考えるかソニックフォーでお手玉しときましょう。うまく回らなかったら泣きましょう。

 

あとモニカですが、使えばわかる強さですね。ちなみに後手引いたときにはテトラよりもモニカのほうが強いです。テトラは5点だけどモニカは6点だからね。進化兼一つ有利にしながらマシンブックを置きあえる。

 

以上が感想もとい意識していたプレイングです。

まとめると

 

・小粒フォロワーで5/6を取る

・先手に5/6を立てられたらマシンブック置けない

・盤面の取り合いが真髄

・知恵はいらない

 

以上です。お疲れさまでした。みんなでsix major見よう!

はー、今日もいいペンキ♪

「台風が来てる中天気の子を観に行った場合、終了後の天気はどう見えるだろうか」

 

とはいえ今は22時なので手遅れです。斎藤です。

 

天気の子は観ましたか?控えめに言って最高でした。斎藤でした。

やっと目を覚ましたわけでも前々前世したわけでもないですが、単純によかったです。

私とけーちゃんの関係は別に僕のそーつぉーどぉーりでもなく、単純に普通な関係でした。普通に本田翼の演技も良かったと思います。本田翼好きがそう主張します。

 

どこがどう良かったのかという疑問やまだ見てない人に見れないけど内容を知りたいという方向けには素直に観に行ってくれと思いますが、まさにスパークル☆でしたね。

 

こう、新宿プライベートアイズを観た後の新宿はどう見えるのか、エモイ!

とかでもいいんですけど、まさしく夏の天気は快調絶好調!って感じで、天気の観方が変わるかもしれません。僕はカンカン照りの太陽の下で暑いと嘆いていました。

 

どうなんですかね。天気の子の公式ついったーでは60億円の興行収入を見込んでるって書いてましたけど、普通に言ってもおかしくないかなとは思います。ワイトも。

 

君の名は。がなぜ人気になったのか。誰かしらが声優に俳優起用をするな風潮に楔を打ってほしいというのは関係ないですが、少なくとも大人気御礼で日本全国を湧き立たせるには少なくとも僕らオタクだけじゃなく一般層を巻き込む必要があります。

 

君の名は。に関してはそれがRADWIMPSだったのかわかりませんけど、さっぱりさわやかなストーリーだったと記憶しています。

 

今回の天気の子は・・・?

 

うーん、よくわかんないですけど、気持ちよく見れない映画もあれば今回の天気の子みたいに爽快感マックスでハッピーエンドかはわかりませんがTrue endにはなったのかなと。実際元通りになったわけじゃないしね。首都は大阪に移せばいい。奈良で良いか。

 

僕は天気の子を観る前にドラクエクソストーリーを見せさせられてますからね。

ドラクエの監督が作ったらどうなるのかと想像してましたが、当事者だけがBad Endだとかヒロイン闇落ちとかを考えてたんですけど、正直某監督は人間賛歌は勇気の賛歌を地に行っている人だと思っているので、普通にendで終わりそうです。あの人が監督で作った映画っていいものも多いんですよ。作品巻がクソなだけで原作ありの実写だとよさげです。

 

そんなこんなで天気の子とは全く関係なさそうなことも書いていますが、原因は単純に頭に思い浮かんだことをそのままキーボードで書き起こしてるだけなので仕方ないです。普通にしゃべってるときと同じ頭の使い方をしてるから仕方ないね。

 

それとは別に3日連続映画を観に言ってたりします。お盆入って三日連続ですね。

ラインナップは天気の子、ワンピース、ワイルドスピードです。

 

天気の子は述べた通り。ワンピースは何だろう。やっぱり映画は普通に観れるじゃねぇかって感じですね。むしろアニメや漫画がダラダラしすぎてるだけで、ワンピースのキャラ自体が悪いわけじゃないです。それじゃないとファンなんていないでしょう。

 

まぁ当たり障りもなくすごく有名なワンピースですから僕も結構好きですね。

穿った考え方をする人は良く展開が遅いだのキャラが皆同じように見えるだの展開がいつも同じだの文句を垂れますが、それがワンピースであり漫画であり王道漫画を忠実に再現できているのが今の人気の要因じゃないかと思います。

 

みんな同じ顔なんて言われたら漫画家は泣きますね。東方を例にアクセサリーつければキャラの差別化できるので棒人間のようなコピーじゃなければいいと思います。

 

ワイルドスピードはなんか途中で眠たくなりました。何でですかね。寝不足だと思いますけど。

ワイルドスピードを知ったのは確かニコニコのグラセフ動画だと思います。

内容は手配度マックスにして目的地に到達するってテーマだったんですけどね。あれ結構好きでした。

その中で今でもお気に入りのpitbullの[international love] とか[danza kuduro]とかはよく聞いています。pitbullを知ったのはこの動画でありワイルドスピードでしたね。感謝

 

感想という感想は正直ないんじゃないんですかね。

たぶん世間一般的なワイルドスピードファンがこの映画に要求するのはワイルドスピードであることだと考えています。

 

ワイルドスピードらしさとは?という話なんですが、例を挙げるとそれが音楽はついでとしてやっぱりアクション映画の真髄になるんですが、如何に豪快なアクションを見れるのかということに集約されていると思います。

 

今回のワイルドスピードのサブタイトルはスーパーコンボでしたっけ?では二人の主人公の家族について焦点を当てられていましたが、あくまでもそれは米映画業界ならでは・・・というわけではないと思いますが、それはいつものラブロマンス要素だったりの大筋を補うスパイス的な要素でしかないです。

 

やっぱりタイトル通りの豪快なカーアクションや俳優同士の煽りあいが面白い要素だと思っていますし、実際そこがいいのだと思います。

 

ワイルドスピードの新作なのによくわからないミュージカルやコメディが始まったら困惑するでしょうに。マジで異世界を観に行ったに現実を見ろよと言われるためだけに2時間と1800円取られた客の実にもなってくれ。今すぐ最後のシーンだけ作り直して?

 

映画は良いもので、作品だけじゃなく映画館の環境によってさらにいいものに仕上げられます。そりゃ悪い方向に行くこともありますが。

 

でもやっぱり映画館でしか味わえないものもあります。だから同じ映画でも高い金を払ってもう一度観に行くこともあるんですよね。

まぁ、ブルーレイ買ってからも何度も観る作品もあるんですけどね。未来福音っていうんですけど。らっきょはいいぞ!

 

以上です。ここまで書いて2392文字と出てるので案外少ないなと思いつつ、結構書いてるのかなと考えるときがあります。

まぁ、そんなもの文字に起こすこと自体が僕的には面白いものなので使った時間のことを考えても無駄です。

 

それにしてもお盆って長いですね。仕事人間なのでこんなに期間が開けば逆に疲れますね。人間忙しい中で時間の管理をするのがストレスはたまるのかもしれませんが楽しいものです。

 

仕事をして帰ってきて、ご飯を食べてソシャゲして、たまに交流戦をしてるだけの毎日が案外楽しく充実してるので、これ以上の環境を望むとなったら何が増えて何が削れるんですかね。

 

お疲れ様でした。(2669文字)