斎藤のブログ

twitterで書くと長くなりそうなものをブログで書きます

池袋の事件の話

こんばんは、斎藤です。

 

今回は池袋のあの事件に関して前から書こうと思ってたんですけど、正直証拠が揃いすぎてて(ex,車両確保、ドラレコ音声)、裁判になったらその時点で終わるしょうもない事件なので、まずは

 

「なんであのじいさんは逮捕されないの?

 

ということに絞って書こうかなと。

とりあえず情報の一つはここを参考に。

www.sankei.com

 

ネットで出てる

 

「なぜ逮捕しないんだ!偉いからか!」

 

という考えはわかるんですが、そもそも逮捕って何ですかね。

(学部生は六法を開いて刑訴法197条ぐらいを開いておいてください。)

逮捕って実は悪い人がされるものじゃないんですよ。悪いことしないと逮捕されないんですけどね。ゼロの執行人で小五郎のおっちゃんは何もしてなくても逮捕されましたが、通常の事件とは逮捕の裏側が違った話なので、今回は関係ないです。

 

そもそも法律を知らない人って逮捕のイメージが悪い人のイメージあると思うんですよ。悪いこと=逮捕みたいな。

そこがちょっと違うんですよね。悪いこと(罪)には判決(罰)です。閻魔様のあれです。罪には罰をって考えですね。逮捕も拘束されたり自由じゃなくなったりなので罰的なものなんですけど、あれって単純に証拠を消したり(今回は事故車を塗装したり海に突っ込ませたり解体したり)、逃亡(海外に飛んだり、沖縄の島に潜伏したり)させないためにするんですよ。

 

でも今回の事件って冒頭に書いた通り証拠が全部そろってるんですよね。犯人も被害者もわかってるし、日時とかなんの罪だとか(ここらへん訴因)。証拠車両もあるし精神状態が健康だと証明するドラレコ音声もありますし、あれって本来すべてが終わってるんですよ。本来なら事故後逮捕されてます。病院で入院してなければ。

 

病院で入院してなければ!

 

この入院という行動が弁護士からの指示かは知りませんけど、身柄拘束(逮捕)されたくないときの簡単な方法の一つです。けが人を警察の留置所とか拘置所に置くわけにはいきませんし。

なので、「なんで逮捕されないの?」って話の裏はこんな感じです。病院に居たらそもそも逃げませんし、そもそも証拠揃ってるので裁判すれば終わりだし。

 

ちなみに被疑者に任意捜査をしてるってことを聞けば、

 

「何が任意なんだよ!強制じゃないのかよ!

 

って疑問があると思うんですけど、正直本人に聞くのって事件当時の事情聴取程度なんですよ。街頭で警察がよくやってる任意同行とか職務質問ってあるじゃないですか。あれって任意とは言えど拒否できないんですよ。あれって実は強制なんですよね。法律はあんなクソ制度でも任意だと言い張ります。

 

じゃあ強制ってなんだ?って話じゃないですか。強制っていうのは難しく言うと

「個人の意思を制圧し、身体、住居、財産等に制約を加えて強制的に捜査目的を実現する行為など(裁決昭51・3・16刑集30・2・187〈百選1〉)」です。

簡単に言うと、「その人の意志関係なく証拠集めする」って話です。

こんなことする意味もないので、やるのは任意捜査ですることやってるだけです。入院中の事情聴取は強制とは違うでしょうし。怒ってる人はその任意という言葉に噛みついてるだけです。学部生は「強制処分法定主義」って言葉を刑訴法197条と一緒に覚えておけばいいと思います。

 

以上、逮捕されない理由並びに任意と強制の話をしました。

とりあえず今回のことで知ってほしいのは

 

①とりあえず逮捕ではない

②法律の言葉は通常の意味とは異なるときがある

ぐらいです。

 

最後に個人的に気になることがあるのでそちらを。

今回の事件って前述した通りすべてが終わってるんですよ。

被疑者が入院してるのはわかってますし、とりあえず病院側から入院場所を買ってるんだなって思うんですけど、被疑者の奥さんは何してるんですかね。

あと被疑者がいつ退院するのかとか弁護士が裏でどう動いてるのかとか、そもそも裁判にならない可能性があるんじゃないのかとかいろいろ考えています。

車の免許を取るときに勉強している「刑法・民法・行政的な罰」ってのがあるんですけど、今回の逮捕関係は刑事じゃないですか。免許返納は行政なんですよ。賠償とかは民事なんですけど、その民事関係はいまどう動いてるのかなってのも気になります。

 

以上です。ありがとうございました。